行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)とは、行政書士法に基づき、官公署に提出する書類や権利義務・事実証明に関する書類、契約書の作成の代理などをされる人、もしくは、その資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)のこと。弁護士や税理士(国家試験である税理士試験に合格すれね、すぐに税理士になれるというわけではありません。また、税理士試験に合格する以外にも税理士になる方法はあります)と同じく法律の専門の人であり、国家資格(法律に基づいて国からの委託を受けた機関が実施する試験に合格するなどの条件を満たすことで取得できる資格です。単に試験に合格しただけでは資格を取得できないことも多いでしょう)です。行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)は国家資格(法律に基づいて国からの委託を受けた機関が実施する試験に合格するなどの条件を満たすことで取得できる資格です。単に試験に合格しただけでは資格を取得できないことも多いでしょう)ですから、当然の事ながら国家試験(運転免許試験や高等学校卒業程度認定試験なども、国家試験になります)を受け、それに合格した人であるだと思います。国家資格(法律に基づいて国からの委託を受けた機関が実施する試験に合格するなどの条件を満たすことで取得できる資格です。単に試験に合格しただけでは資格を取得できないことも多いでしょう)である以上、学歴などの受験資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)があると思われがちですが、行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)に関しては、受験資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)がないのです。つまり、年齢、性別、学歴、国籍などに関係なく、だれでも自由(自分ですることの責任をとれることをいうのかもしれませんね)に受験が出来るというわけ。間口の広い資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)と言っていいと思います。もっとも、以上のようになったのは平成12年度からで、それまでは複?の受験資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)が必要でした。高卒以上とか、公務員(日本ではアメリカ型の公務員制度を採用しています)歴や業務経験(これがないと雇ってもらえないこともよくあります)が3年以上、直接補助する業務経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)が4年以上などです。それが平成12年度以降、規制緩和により“受験資格なし”となっているんです。行政書士(受験者は年々増加傾向にあり、試験問題も難しくなっているそうです)は、弁理士(毎年7月1日は弁理士の日なんだとか)や税理士(税理士としての業務に付随する範囲内であれね、社会保険労務士の業務の一部を行うこともできますし、行政書士登録をすることで行政書士業務を行うこともできるでしょう)、司法書士といった“士業の入り口”となるでしょう。登竜門的資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)で、行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)の資格を取ることで、ほかの国家資格(有用性が高い分、取得するのが困難だといわれています)の受験資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)の窓口を開くことになるのです。例えば、税理士(企業や個人などの依頼を受けて、税金に関する相談にのったり助言をしたり、書類の作成、会計帳簿の代行や申請などを行う税務の専門家です)。行政書士の職務経験(これが邪魔をして新たな一歩を踏み出せないこともあるようです)を3年以上積むことで受験資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)を取得出来るはずです。社会保険労務士も、行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)になる事で受験資格が生まれます。仮に、行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)になる前に社会保険労務士になろうとした場合、学歴などが必要だといわれています。こういったことを考えれね、行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)の受験資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)なしは、学歴がなかったとしてもほかの士業(弁護士、司法書士、土地家屋調査士などの特に主要な資格を8士業と呼ぶこともあるそうです)につく事ができるチャンス(ここぞという時に十分に活かすためには、常日頃の努力や準備が大切です)があるということ。行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)に合格する事で、将来の可能性が広がると言えますねー